画像から「どう見えるか」を判断する視環境設計・制御を提案する

06 本社ビルの改装計画

06 本社ビルの改装計画

中西金属株式会社様

case0008JR環状線からみえる中西金属工業株式会社本社ビルは、1938年まで紡績会社だった建物。

赤い煉瓦館は明治期に建築されたもので産業都市大阪の歩みを物語る建物です。のこぎり屋根をもつ大空間の執務空間の照明改装計画を立案しました。

改装計画に先立って、現在の各棟の執務空間の照明の現状をアピアランス設計支援ツール”REALAPS®”を用いて空間の見え方、不快グレア、作業面の明るさなどを測定・分析しました。

さらに、現在の課題を解決する照明改装計画と共に、昼光を積極的に利用する照明モード設定しました。

現状と提案した省エネルギー効果を比較した結果、現在の照明に比べて大幅な省エネルギー効果があることが明らかになりました。
 

REALAPS®
PAGETOP