アピアランス設計支援ツール『REALAPS®(リアラプス)』

事業概要

  • HOME »
  • 事業概要

header_img_bus

① アピアランス設計支援ツール”REALAPS®”ソフト販売&サポート業務

consulting_A01アピアランス設計支援ツール”REALAPS® “は、これまでの「照度設計」から「アピアランス(見え方)設計」に転換できる画期的な設計支援ソフトです。建築設計のプロセス全段階で、CG シミュレーション、輝度測定、明るさ(知覚色)画像、視認性画像、グレア画像、カラーアピアランス画像、順応関数などを用いて空間内の見え方を統合的かつ定量的に測定・分析できる設計支援ツールです。

詳細解説>>

 ② アピアランス制御システム”REALAPS® Control System”ソフト販売&サポート業務

consulting_A02アピアランス制御システム”REALAPS® Control System”は、測光量からアピアランス設計支援ツール”REALAPS® “を駆使して、昼光を積極的に活用しつつ、空間のアピアランス(見え方)を損なうことなく、明るさと省エネルギーを両立する制御システムです。

詳細解説>>

③ REALAPS® ウェブサービス&サポート業務

consulting_A03REALAPS® Web Serviceはアピアランス設計支援ツール”REALAPS®”の機能の一部をインターネット上で使用できるWEBサービスです。ソフトウェアの購入を行うことなくアピアランス設計を体感することができます。

詳細解説>>

④ 省エネ設計&照明デザイン&コンサルティング業務

consulting_01アピアランス設計支援ツール”REALAPS® “は、昼光と人工照明を同時にシミュレーションができます。ELFCマネジャーを活用すれば、昼光を活用しつつ、空間の明るさに不足を感じさせないように人工照明を適切に制御して、少ない消費電力量で快適な空間を実現する空間デザインを提案できると同時に、電力光束消費量を表示することができます。

⑤現実に近い見え方(アピアランス)・昼光・人工照明のシミュレーション&コンサルティング業務

consulting_03CG シミュレーション、輝度測定、明るさ(知覚色)画像、視認性画像、グレア画像、順応関数など、アピアランス設計支援ツール”REALAPS® “を用いて、現実に近い見え方(アピアランス)・昼光・人工照明のシミュレーションができます。

⑥ 光環境解析&アセスメント業務

consulting_02オフィス、店舗・商業施設、教育施設、交通施設、屋外照明施設など、屋内外の照明施設の光環境の現状をアピアランス設計支援ツール”REALAPS® “を用いて調査、分析し、改善すべき課題の抽出、改善点を提示することができます。

⑦照明全般にわたる教育・啓発活動

consulting_04照明デザイナーとして活躍されている方々は勿論、照明に関心をお持ちの初心者の方々を対象として、照明デザインの基礎知識からアピアランス設計支援ツール”REALAPS® “を用いた最新の照明デザイン手法を習得していただくコース別のセミナーを開催します。新入社員研修、社員研修などにご活用下さい。

 

96666VTL ライティングアカデミー『開講』のお知らせ>>

ご承知のように、LED照明が多くの照明施設に急速に普及してきました。照明ソフト研究分野においても、数多くの研究成果、技術指針、国際規格などが次々と発表されてきました。今後、LEDを用いた省エネで快適な照明環境の実現がより一層要望されるようになってきています。

IMGP0248

2016年5月19日(木)プレセミナー風景

VTLライティングアカデミーは、これらのニーズに応えて「最先端のライティングテクノロジーを駆使した次世代照明設計手法」を修得することで次世代の視環境を変革する力を高めていくことを使命としています。

当アカデミーは、視環境をデザインするための基礎知識を学ぶ「アピアランス・ デザイン ベーシックコース」と実践的な演習を通してアピアランスをデザインする技術を習得する「アピアランス・ デザイン プロフェッショナルコース」の二つで構成されます。それぞれのコースに、照明デザインの各分野のスペシャリストである講師陣をお迎えし、具体的な照明設計事例を基に講義を行い、説得力のあるプレゼンテーションや、提案力のさらなる向上を目指す皆様をサポートします。

PAGETOP