アピアランス設計支援ツール『REALAPS®(リアラプス)』

REALAPS®の基本構成と追加機能

基本ソフトrealaps02_pac REALAPS2.0_loro

輝度・色度・照度などの画像データを入力、画像表示し、明るさ画像など、アピアランスを評価できる画像を出力します。演算結果の画像を出力することもできます。

アピアランス設計支援ツール”REALAPSR”は基本ソフトとオプションで構成されます。目的に応じてオプションをお申し付けください。

基本機能

輝度や照度などの画像データを入力、画像表示し、輝度・明るさ画像の相互な変換が可能です。演算結果の画像を出力することもできます。

【左】背景が異なると同じ灰色が異なった明るさに見えますが・・ 【右】明るさ画像を使えば、明るさの違いを数値として「見える化」できます。

【左】背景が異なると同じ灰色が異なった明るさに見えますが・・
【右】明るさ画像を使えば、明るさの違いを数値として「見える化」できます。

左側の図の中央にある灰色の四角形は同じ大きさと色( 輝度値) ですが、背景が異なると明暗の差があるように見えます。この対比効果が「見え方」に影響します。明るさ画像や知覚色画像は対比効果を定量的に予測します。また、実現したい明るさ知覚や色知覚から必要な光の量を算出することもできます。

追加機能(オプション)

 リアル・アピアランス

ディスプレイ上で正しく見え方を再現できるリアル・アピアランス画像の出力が可能になります。

ディスプレイ上で正しく見え方を再現できるリアル・アピアランス画像の出力が可能になります。明るさ画像や知覚色画像を使えば順応の効果を加味することができるので、コンピュータでシミュレートした環境が実現した際の見え方を、ディスプレイ上に正しく再現できます。

【左】夜,人工照明を点灯すると照明の効果はとても高くなりますが… 【右】同じ照明を昼間に点灯しても,人の目が昼間の明るさに順応しているため,点灯していることさえ分かりにくくなります。

【左】夜,人工照明を点灯すると照明の効果はとても高くなりますが…
【右】同じ照明を昼間に点灯しても,人の目が昼間の明るさに順応しているため,点灯していることさえ分かりにくくなります。

 リアル・アピアランス・カラー

ディスプレイ上で正しく見え方を再現できるリアル・アピアランス・カラー画像の出力が可能になります。
リアル・アピアランス・カラーは輝度・色度という物理量をもつ画像の見え方を、検討することができる画像です。 画像を表示する環境に合わせて、背景輝度やディスプレイの輝度を設定することで、撮影した環境に順応した時に体験する見え方を表示する画像を出力します。

【左】リアル・アピアランス画像 【右】リアル・アピアランス・カラー画像。

【左】リアル・アピアランス画像
【右】リアル・アピアランス・カラー画像。

 

ビジビリティビジビリティ

高解像度輝度画像から視認性画像への変換が可能になります。

視認性(細かい部分が見える程度)は、これまで見る対象によって異なる方法で評価されてきました。視認性画像を使えば、実測・シミュレーションで得られた輝度画像から、どのような視対象であっても一括してその視認性を評価できます。さらに、高齢者や弱視者の視認性も評価できます。

【左】内照式の道路標識や通常の反射式の道路標識の視認性を一括して評価できます。また、霧や降雪時の視認性も、実測、あるいはシミュレーションによって輝度画像を作成できれば、同様に評価できます。 【右】この場合、内照式の横断歩道の標識は、内容ははっきりと見えないもののその形状が十分見えていること、一方左側の速度制限の標識は、全く見えていないことが分かります。

【左】内照式の道路標識や通常の反射式の道路標識の視認性を一括して評価できます。また、霧や降雪時の視認性も、実測、あるいはシミュレーションによって輝度画像を作成できれば、同様に評価できます。
【右】この場合、内照式の横断歩道の標識は、内容ははっきりと見えないもののその形状が十分見えていること、一方左側の速度制限の標識は、全く見えていないことが分かります。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-5797-9178 平日9:00-17:00 e-mail:info@vtl.co.jp [24h]

PAGETOP