画像から「どう見えるか」を判断する視環境設計・制御を提案する

MENU

お知らせ

REALAPS®関連情報

REALAPS ウェブサービスを2021年5月20日をもちまして終了いたします。

REALAPS ウェブサービスを2021年5月20日をもちまして終了いたします。

U-Omniの機能が新しくなりました。

弊社が提供する「REALAPS-OmniシリーズのU-Omniオプション」に分布がある光源でもUGRを算出できるプログラムを新しく組み込みました。 U-Omniのガイドマニュアル

REALAPS-Omni-Colorを新しくリリースしました。

REALAPS-Omni-Colorでは昼間や夜間の都市景観などの色彩調和を、トーンなどを考慮した上で、客観的、物理的な指標に基づいて検討できます。 REALAPS-Omni-Color

チュートリアル動画を作成しました。

弊社が提供する「REALAPSシリーズ、およびREALAPS-Omniシリーズ」を利用して、具体的に視環境設計を進める手順を紹介しています。 チュートリアル動画ページ

【ソフトウエアダウンロード】ページにRICHO THETA Vによる輝度画像撮影ガイドマニュアル を置きました。

【ソフトウエアダウンロード】ページにRICHO THETA Vによる輝度画像撮影ガイドマニュアル を置きました。

竹中工務店と視環境設計支援ツールVR全方位REALAPS(仮称)を共同開発

このたび弊社は株式会社竹中工務店(社長:宮下正裕)と共同で、輝度と色度という物理量を設計段階でシミュレートし、VRゴーグルを装着することで、リアルな空間体験ができる視環境設計支援ツールを開発しました。 現在、建築空間の内 …

1 2 »
PAGETOP